さてタレント考察その2
今日は1段目の続きから

まずはWizの生命線とも言える盾スキルから

アースガード

この2種類のタレントを選択出来ます。

まずスキル説明として
魔法防御の7%の数値を相殺する盾を出せるアースガードを強化するタレントです。

ライフルドの方は
魔法防御7%とDPWの1.5倍くらいの相殺量がつくのと
盾(レベル1)が壊れた時に魔法ダメの15~20%くらいの回復量が付きます。
2=25% 3=50% 4=75% 5=100%
という感じに回復量が増えますが
このタレントレベルを上げるときに増える%は魔法ダメの%ではなく
レベル1の回復量の数値の%です。
そこはお間違いなく。

タフルドは
魔法防御7%+(魔法防御7%×タレントレベルの%)+DPWの200%だった気がします。
タレントレベルの%が
1=5% 2=10% 3=15% 4=20% 5=25%
となってます。

とまぁ
正直こんな数字だけ並べてもどっちがいいの?って感じになると思いますので
使用感を書きます。

僕は対人の方はライフルドで狩りの方はタフルドにしています。
正直ライフルドのほうが今の相殺量を超えた分を貫通になった仕様では
使える場面が多いと思います。
特に対人の方は一発のダメが重いので
貫通分を回復できることを考えれば相殺ダメ量は増えてることが多いのですが
これも時と場合によります。
例えば
ライフルドの相殺量が4000で壊れた時の回復量が4000だとしたら
一発のダメ10000の場合
 相殺量8000
一発のダメ5000の場合
 相殺量5000
一発のダメ4000の場合
 相殺量4000
一発のダメ3000を2発食らった場合
 相殺量6000
という感じで
相殺量が貫通した分を回復するのでかなりまばらになります。

狩りでタフルドを使っているのは
このゲームの狩りではそんな一発大きな大ダメージを食らう機会が少ないという点です。
たまにボスで大ダメージをもらいますがそういう相手にはライフルドで対応して下さい。
でも雑魚は多くても700くらい程度ですよね?
そうなると貫通分の最大が700なんでタフルドのほうが優秀なんでタフルドを使っています。

まぁでも正直ライフルドでいいと思います。
防御やDPWにもよりますがタフルドとライフルドの相殺量の差なんて1500くらいですし
むしろ雑魚戦でボコられて死ぬときに1500程度変わったからといって
死ぬ人は死にますし死なない人は盾がなくても死にません。

むしろこの盾の効果がある間は仰け反らないとかだと
選択に幅がでるから面白いと思うんですけどね~

今日はここまで!!
ありがとうございました。